「冬の装い。手袋とブローチ、リースをしつらえて。」(12/4〜)

12269714_1246314258727807_596907180_n

 

「冬の装い。手袋とブローチ、リースをしつらえて。」
本日よりはじまったはじめての3人展です。
・小林みどり:上質で細いカシミヤ毛糸で編んだ手袋
・石毛知香子:アンティークのブローチやアクセサリー
・平井かずみ:暮らしの中に装いを灯すリース

上質なカシミアの毛糸で編まれた手袋の作り手は小林みどりさん。
キュッと不思議と通す手が引き締まり、温かです。
あるようでなかった、この究極のシンプルさの中に楽しめる
可愛らしさ、愛らしさ。
みどりさんのセンスの良さが映し出されています。
laur[ラウール]という名前で活動されている、石毛知香子さんは
ヨーロッパなどでアンティークの小物を買い付けされています。
今回は冬の装いに一役買いそうなブローチをはじめとしたアクセサリー。
知香子さんの審美眼で集められた時の趣を感じる、
ラグジュアリーなものからチープシックな可愛らしいものまで。
私はどれも1点もののリースを。クリスマスリースとしてだけではなく、
普段の暮らしのなかで飾り続けていただきたい。
そんなリースを作りました。
ぜひぜひ、ご覧いただけましたら嬉しいです。

期間 2015年12月4日(金曜日)〜13日(日曜日)
場所 西荻窪 「364」
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.comJR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進。
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。