・自然を感じること、植物に触れること、今を大切に過ごせることを願って…。〝季節の香り、花の愉しみ〟便を、お手元にお花をお届けしていますが、花束に取り付けるタグやお手紙は毎回手作業でその都度作って楽しんでいます!!普段はなかなか手の掛けられない部分だからこそ、こんな時に試してみたいと思うのです。今回は、いつぞやの旅の蚤の市で買ってきたのではないかと思う、古いタイプ紙を使ってみました。


・お知らせです。〝季節の香り、花の愉しみ〟お届けします。(4/17出荷・18着)・先日のハーブのお届け便にはたくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。全てのお申し込みをお受け出来ず、引き続きご要望にお応えしたくて、この週末(4/18着)はいつもikanika花の会でお花をお願いしている、那須の池田さんにご協力いただいて、季節の花便をご用意させていただきます。・自然を感じること、植物に触れること、今を大切に過ごせることを願って…・ 春の光を受けて、芽吹き輝きだした那須の植物たちを、愉しんでいただけますように。・「季節の香り、花の愉しみ」¥5000(送料別)ご注文いただいた方に、花の名前やしつらえ方をまとめた動画をご覧いただけるよう、準備しております。到着までに動画のURLをお送りいたします。・30名様先着順にお受けします。お一人でも多くの方にお届けできるよう、申し込み多数の場合は、初めてご注文くださる方を優先的に受けさせていただきますので、ご理解のほどお願い申し上げます。・<お届け日>4/18(土)着 (クロネコヤマト4/17出荷)*暖かくなってまいりました。フレッシュな状態で植物をお届けしたいため、翌日配送の4/18(土)にお受取可能なエリアの方にご注文いただけましたら幸いです。*送料はこちらから、お住まいの地域をご確認ください。クロネコヤマトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/estimate/kanto.html・<お申し込み方法>以下をお書き添えの上、Eメールにてお申し込みください。lesson@ikanika.com件名:「季節の香り、花の愉しみ4/18」・お名前・ご住所・お電話番号(忘れずに!)・ご希望の配達時間(ご希望に添えない場合もございます)・<お支払い>銀行振込にてお願いいたします。お申し込み後、こちらからお振込の詳細などを記載した受付完了メールをお送りいたします。・4/15までに返信が届かない場合は恐れ入りますが、再度メールにてお問い合わせくださいませ。lesson@ikanika.comよりメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。


・おはよう突然思い浮かんだ懐かしい歌♪作詞は、やなせ・たかしさん・ぼくらはみんな 生きている生きているから 笑うんだぼくらはみんな 生きている生きているから うれしいんだ手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れる ぼくの血潮トンボだって カエルだってミツバチだってみんな みんな生きているんだ友だちなんだ♪


・おはよう2020.卯月 13


・先週に引き続き、「季節の香り、花の愉しみ」ハーブ便のお知らせです。・自然を感じること、植物に触れること、今を大切に過ごせることを願って…・〝季節の香り、花の愉しみ〟お手元にお花をお届けします。今回も、高知のまるふく農園さんと協力してハーブの束をご用意させていただくことにしました。・一つひとつのハーブの手触りを感じながら、どんどん香りが広がって心ほぐれる時間となりますように。・「季節の香り、花の愉しみ」¥5,000(送料別)ご注文いただいた方に、ハーブのしつらえ方の動画をご覧いただけるよう準備しております。到着までに動画のURLをお送りいたします。20名様先着順にお受けします。お一人でも多くの方にお届けできるよう、申し込み多数の場合は、初めてご注文くださる方を優先的に受けさせていただきますので、ご理解のほどお願い申し上げます。・<お届け日>4/17(金)着 クロネコヤマト*花のもちが心配なので、4/17(金)にお受取可能な方にご注文いただけましたら幸いです。遠方の方で、配送が4/18(土)になってしまう方はご相談ください。*送料はこちらから、お住まいの地域をご確認ください。クロネコヤマトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/estimate/kanto.html100サイズ 発送元:東京*お時間指定のご希望も承りますが、できるだけお早めのお時間帯での受け取りにご協力ください。・<お申し込み期間>4/12(日)17:00〜<お申し込み方法>以下をお書き添えの上、Eメールにてお申し込みください。lesson@ikanika.com件名:「季節の香り、花の愉しみ」・お名前・ご住所・お電話番号・ご希望の配達時間(ご希望に添えない場合もございます)<お支払い>銀行振込にてお願いいたします。お申し込み後、こちらからお振込の詳細などを記載した受付完了メールをお送りいたします。・4/13までに返信が届かない場合は恐れ入りますが、再度メールにてお問い合わせくださいませ。lesson@ikanika.comよりメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。


・おはよう2020.卯月 12


・ikanika花の会卯月・ヤマザクラセイヨウサイフリボクヤマブキコデマリアケビキイチゴナノハナワサビナズナクリスマスローズムラサキハナナ・一つひとつ梱包したながら、皆んなの顔が浮かびましたよ。・お茶を一服召し上がって、深く深呼吸して、植物たちに触れてみてください。・ご自宅で心ほどける時間をお過ごしいただけますように。・#ikanika花の会


・以前、撮影で伺ったスタジオに置いてあった随分前の雑誌に桜についてのお話しが載っていました。・ある国語の先生が卒業していく生徒たちに向けた言葉なのですが、私たち日本人にとっての桜とはまさにこういうことなのでは…と思いました。・日本の古典文学ではただ「花」と書いてあるのは「桜」を示しているのだそうです。この花といえば桜というのは暗黙のりょうかいで、それほど私たち日本人は古来から桜を愛しているということなのでしょう。しかし、この「愛する」ということはただ「大好き」というのとは意味が違うといいます。・昔の人が詠んだ歌や詩にはよく桜がでてきますが、そのほとんどは単純に「好き」というものではなくて、「悔しい」「切ない」、「悲しい」など、美しい桜の花があまりにも短い時間で散っていくことに胸を痛めるという歌ばかり。・先生は、これが「愛する」という言葉の本当の意味ではないかといいます。・日本人が桜からもらったものは、いまを生きているかけがえのなさ、その大切さからの愛おしさだったのでしょう。・写真の桜は今朝の砧公園にて。


・いつもこの優しい目で見守っていてくれていると感じます。There is nothing like you, there was nothing like you, and there shall be nothing like you.


・「季節の香り、花の愉しみ」ハーブ便。昨日、皆さまのもとへ無事に出荷させていただきました。箱を開けた瞬間から香りが広がって、植物の瑞々しさを感じていただけますように…。実は今回、「植物を届けたい。。」という私の想いにつき合って、友人のイラストレーターで版画家の平澤まりこさんが、おひとりお一人に向けてカードに手書きで絵を描いてくれました。すべて違う絵です。(ありがとう… まりこさん!!)裏面のメッセージとともに手にしてくださった皆さまが優しさに包まれますように。・この度お送りしたハーブや花の名前、水あげの方法、生け方などを動画にまとめたものをYoutubeでご覧いただけるよう、アドレスのURLをメールにてお送りいたしたました。Specialコンテンツもありますので、最後までぜひご覧いただけましたら嬉しいです。・今週もまたお送り出来るように準備を進めておりますので、またこちらにてお知らせいたします。


・おはよう。とってもとってもいいお天気です。・先月の松江での取材にて、可愛い人との散歩中に出会ったのは椿の赤い花。・#椿#tsubaki


・お知らせです。現在発売中の雑誌 & Premium 5「スタイルと生き方。」にてご紹介いただいています。ぜひ、ご覧いただけましたら嬉しいです。 @and_premium ・写真 山本康平 @kohei___32 ・・#アンドプレミアム #&Premium


今、何かできることはないか?そんな問いかけを自分自身にしてみました。・自然を感じること、植物に触れること、今を大切に過ごせることを願って…・〝季節の香り、花の愉しみ〟お手元に花をお届けします。まずは、高知のまるふく農園さんと協力してハーブの束をご用意させていただくことにしました。一つひとつのハーブの手触りを感じながら、どんどん香りが広がって心ほぐれる時間となりますように。
「季節の香り、花の愉しみ」¥5,000(送料別)20名様(先着順にお受けします)
来週は加えて、那須から届く季節の花たちもご用意する予定です。・ご注文いただいた方に、ハーブのしつらえ方の動画をご覧いただけるよう準備しております。到着までに動画のURLをお送りいたします。・<お届け日>4/5(日)着(4/4(土)発送のため一部地域は翌6日着となります。)*送料はこちらから、お住まいの地域をご確認ください。クロネコヤマトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/estimate/kanto.html100サイズ 発送元:東京*お時間指定のご希望も承りますが、ご希望に添えない場合がございますこと、ご了承ください。・<お申し込み期間>4/5(日)着分締切 → 4/2(木)17:00迄・<お申し込み方法>以下をお書き添えの上、Eメールにてお申し込みください。lesson@ikanika.com件名:「季節のハーブ便」・お名前・お電話番号・ご住所・ご希望の配達時間(ご希望に添えない場合もございます)・*お申し込み後、こちらからお振込の詳細などを記載した受付完了メールをお送りいたします。4/2までにメールが届かないがない場合は恐れ入りますが、再度メールにてお問い合わせくださいませ。lesson@ikanika.comよりメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。


・おはよう。・静かな朝です。硬い蕾だった山吹(ヤマブキ)の花が咲きました。優しい気持ちを、ありがとう。


・2015年に出版いたしました著書、「Bouquet&Wreath」 季節を束ねるブーケとリース(主婦の友社)が、表紙を新たに新装復刊いたしました。本日より発売開始です。・ページをめくるたび心にふれる、加藤新作さんの美しい写真とともにご覧ください。 @katosaku


・お知らせです。・本日からの3日間、3月27.28.29日に予定しておりましたikanika花の会ですが、東京都の自粛要請をうけて、やむなくお休みとさせていただくことになりました。植物に触れる皆さまとの時間を楽しみに、スタッフとも準備をしておりましたのでとても残念なのですが、今はできるだけ広げないよう、協力していく時期と判断しました。・ご参加予定の皆さまには昨日、メールをお送りしておりますので、4月以降の内容も含めご確認ください。・皆さまの健やか毎日を願い、来月は笑顔でお迎え出来ることを楽しみにしています。


・kitta 展でのkittaさんとのお話しのテーマは“植物 あいだのこと”。お互いに植物を通して活動をしているという共通点から、それぞれのところから思うことを話し合いました。言語化することが難しい感覚もあり、あの場の空気を一緒に感じあうことで、いらしてくださった皆さまと同じ想いをもてた瞬間が何度もあり、とても嬉しかったです。・植物と人・植物  わたし  人・わたしはこのあいだにいるただの媒体でありたい。留めず、全てを受け渡せるように。・お越しくださった皆さま、kittaちゃん、matkaさん、素敵な時間にしてくださりありがとうございました。


・本日と明日の2日間、高崎のmatkaさんで開催されるkitta展にお邪魔しています。・植物たちの力強さと穏やかさが溢れるkittaの衣。身に纏った時のラインの美しさ、着心地の良さ、喜びを与えてくれるkittaの衣に出会いにお出かけください。・入り口中央には芽吹き始めた那須の枝ものたちに、チューリップやラナンキュラスなどの春の球根花をあしらいました。・本日は17時半まで平井生花店を、明日はスワッグづくりのWSをさせていただきます。お席のほうあと少しお入りいただけますので、お時間のよろしい方はご連絡下さいませ。@matka_ig 電話027-384-2428・平井かずみ スワッグWS「植物を束ねる」3/21(土) 10:00‐12:00参加費 9,000円+税kittaの草木染めリボンと季節の植物。みどりの重なりを楽しみください。


・おはようございます。今週末(3/21.22)は高崎のmatkaさんでのkitta展に参加させていただきます。・kittaさんとの出会いは昨年の秋に虎ノ門のCURATOR’S CUBEで行われたkittaの展示にお邪魔したのがきっかけです。まだお会いして間もないというのに、植物のことから波勢してすぐに色々なお話しがとまらなくなり、あっという間に今回の展示でご一緒させていただくことになりました。・今回の展示タイトルの“植物 あいだのこと”はkittaさん、matkaさんと3人で話している時にふわぁっと浮かびあがってきました。まさかその頃はこんな出来事が起こるなんて想像もしていませんでしたが、今、お互い植物を通して伝えているもの同士として、共有出来る大切なことはなにかということを想いながら今回の展示に伺いたいと思っています。・kitta EXHIBITION “植物 あいだのこと”2020.3.20sat ー 4.5sun11:00‐19:00(日曜日は17時まで)*3/20(祝)は17:30まで*3/21(土)は12:30まで@matka_ig ・・□3/20(祝) 12:00‐17:00平井生花店一日限りのお花屋さんを。あなたに似合う花を束ねます。・□ 3/20(祝) 18:00‐19:00kitta × 平井かずみ トークセッション「植物 あいだのこと」・□3/21 (土) 10:00‐12:00スワッグWS「植物を束ねる」・詳細はHP http://ikanika.com/news/17798/または、matkaさんkittaさんのインスタグラムよりご確認ください。@matka_ig @nijiirokitta・植物たちの力強さと穏やかさが溢れるkittaの衣。身に纏った時のラインの美しさ、着心地の良さ、喜びを与えてくれるkittaの衣に出会いにぜひお出かけください。


・おはようございます。2017年に発売された本「あなたの暮らしに似合う花 」が扶桑社より復刊いたしました。昨年末に新装復刊していただいた「花のしつらい、暮らしの景色」(扶桑社)に引き続き、今また皆さまの手にとっていただけることとなり、本当に嬉しいです。・私の〝出張〟花しつらい。この本で訪ねた方たちは、普段から食事を一緒にしたり、旅に行ったりする仲のよい友人たち、憧れのご夫婦、この機会に一度ちゃんとお会いしてみたかった方などです。まずはご自宅に伺い、お話しをお聞きしていると、時間の過ごし方、大事にされているもの、好きな花や色など…、少しずつそれぞれの方の暮らしぶりが見えてきます。この本の中では、花器もその方のものをお借りしました。不思議なことに、その器に一輪添えただけでも、驚くほど、すっと空間に溶け込み、暮らしの一部となってくれるのです。家にあるものを使えば、その人らしくなるという新しい発見でもありました。・伺った皆さんにお聞きしたのは、「あなたの好きな花はなんですか?」という質問。まずはその花を一輪、暮らしに添えることからはじめてみるのもいいかもしれません。・そして、この本をきっかけに「あなたの暮らしに似合う花」を見つけていただけたら嬉しいです。・撮影 有賀傑  砂原文  枦木功アートディレクション  引田大取材・文  一田憲子編集 田村久美・感謝の気持ちを込めて。2020.3/13