長谷寺のおみやげ1『花ろうそく』ミツロウで作られた蝋燭にはそれぞれの季節の花



紅葉の‘もみじ’はもちろん素敵ですが、青々しく葉を茂らせた姿はなんとも爽やかです。よく見るとプロペラみたいな種が沢山ついていました。



クレマチスも見ごろをむかえていました。



花の御寺と称される『長谷寺』。本堂までの登廊は399段。途中、‘芍薬’の花が綺麗でした。



シカがくわえているのは‘おみくじ’。『大吉』でした!春日大社にて。



〆のご飯は白えびの炊き込みご飯



穴子は得意ではないと思っていたのですが、、、これは美味しかったなぁ。



鱧とじゅんさいのお吸い物



昨夜は『かこむら』に割烹料理をいただきに伺いました。奈良倶楽部のオーナの規佐子さんおすすめは、素晴らしく頷ける美味しさでした!



関東では‘がんもどき’ですが、『飛龍頭』というそう。これはポルトガル語のフィリオスの当て字だそう。



大願寺の『薬膳料理』で、デトックス



電車を乗り継いで、大宇陀の『大願寺』に。



マイ ファースト ポジャギ*中野啓子先生に教えていただて、ちいさなマットを縫いました。先生云く、「上手にではなくて“味”があるほうが魅力的」とのこと。ん〜、花のしつらいと一緒です。




チョマという麻(からむし)を縫い合わせた作品


今回の旅の目的は奈良倶楽部さんでの『私たちのポジャギ展』。ワークショップにも参加させていただいて、あらためてその作りの繊細さに触れました。




おっ、目があった。




春日大社



今月2度目のシカとの出会い*



昨日のトークイベント、とても楽しい時間となりました。今朝のご褒美*手入れをしていなかったのに、、、ベランダのバラが一輪、凛とした姿にハッとさせられました。



3つめは昨日のサンダルとお揃いで、アジサイやアザレのプリザーブドを使ったブーケです。