おはようございます。・本日よりはじまります!・【古道具と花 Ⅳ atelier Morceau × ikanika 平井かずみ】・期間:7/22sat – 7/31mon(7/26・27 休)場所:cafeイカニカ*atelier Morceauの佐々木さんは7月22日・23日と在廊されます。・フランスをはじめとするヨーロッパの骨董を中心に日本の古道具なども扱う仙台にある「atelier Morceau」(アトリエモルソー)。初めて訪ねた5年前、店主である佐々木さんの世界観に圧倒され、すぐにcafe イカニカにて企画展をお願いすることになりました。今回で4回目の開催となる「古道具と花 Ⅳ」。どうぞ、ご覧いただけましたら嬉しいです。・今回の展示販売では、今年に入り3回、フランスに旅にでた佐々木さんが、平井かずみの新刊「あなたの暮らしに似合う花」(7/20頃発売) に合わせて、花生けの器に見立てられるものを多数セレクトしてきてくださいました。他にも暮らしまわりの器や道具を中心に、展示販売いたします。・私は期間中これらの器を使い、今の私たちの日常に寄り添う花をしつらえます。



本日も撮影は続いております!・お知らせ遅くなりましたが、新刊「あなたの暮らしに似合う花」(地球丸 天然生活ブックス)がそろそろ書店に並んだ頃かと思います!ぜひ、お手にとっていただけましたら嬉しいです。・写真はこの本でもご自宅に花のしつらいをさせていただき、ご登場いただいたスタイリストの石井佳苗さん。ご自分のページを眺めています。石井先輩、ありがとうございます〜そして、残りの撮影もよろしくお願いしますー!



本日はStyle-Hug Galleryでのしつらい教室でした。器は安部太一さんが作ってくださった脚付き花器。2種類からお選びいただ教室ました。どちらも素敵だったなぁ。・タイトル は「夏の光、夏の風」。真上から差し込む強い陽射しをはね返すような夏の鮮やかな花たち。そこに流れる風を感じながら力強い景色をしつらえました。・夕顔さんのお弁当はすっーと体に馴染むような優しい素材と味でした。・みなさま、ありがとうございました。



本日のゲストは奈良で「くるみの木」「秋篠の森」をはじめ、多方面で活躍されている我らがマーサ 石村由起子さんです。FM横浜 84.7 「生活美人」10:10頃からの放送です。ぜひ、石村さんの綺麗なお声を聞いていただきたいです!お楽しみに〜・そして、7/31には二子玉川の蔦屋家電にて新刊『あなたの暮らしに似合う花』の発売を記念し、本の中にもご登場いただいている石村由起子さん、本の文章を担当してくださった一田憲子さんとご一緒に、トークイベントをさせていただくことになりました。こちら、詳細はhttp://ikanika.com/category/news/よりご確認ください!



・連日の撮影。たくさんの方々とご一緒しておりますが、その中でご一緒しているスタッフの方から、「昨日は花を買って帰りました!」と声をかけられました。そろそろ疲れもだいぶ溜まってきた頃。花たちに癒されつつ皆んなで乗り切りましょうー!



ただいま連日CM撮影に奮闘中。先週の洞爺の写真を見て癒されるー。涙



・モリソン小林さんとの出会いは、以前に働いていたインテリアショップ時代。それから随分と長い時がたち、昨年の森岡書店でのモリソンさんの展示に言葉にならないほどな感動をいただいて、今日やっと再会することができました。・金属で作られているとは思えないほど、本物かと見間違うような植物たち。出会った山の景色も壁に写しだされていて素敵。1階で展示されている高里千世さんの絵画と中村大介さんの「山びこ」もよかったなぁ。・「自然礼賛」(しぜんらいさん) ・会期:2017年 7月9日(日)〜17日(月・祝)会期中無休 12:00〜19:00 ・会場:special source atelier gallery



おはようございます。北海道で初めて食べたハスカップ。・思いだすと口の中がキューっとなります。



お知らせです。新刊『あなたの暮らしに似合う花』の発売(7/18)を記念し、本の中にもご登場いただいている「くるみの木」主宰の石村由起子さん、本の文章を担当してくださった一田憲子さんとご一緒に、二子玉川の蔦屋家電にてトークイベントをさせていただくことになりました。・『あなたの暮らしに似合う花』発売記念トークイベント平井かずみ石村由起子(「くるみの木」主宰)一田憲子(フリーライター・編集者)・日時:7/31(月) 13:00-15:00(開場:12:40)※イベント後14:30頃からサイン会を予定しております。場所:二子玉川 蔦屋家電 2F ダイニング・お問い合わせ先、お申し込み03-5491-8550(二子玉川 蔦屋家電 BOOK)http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/2017/07/post-413.html より詳細はプロフィールに記載しているHPhttp://ikanika.com/category/news/よりご確認ください。・石村さんのこと石村由起子さんとは2年前にサンフランシコの旅をご一緒させていただきそれをきっかけに、石村さんの愛称である「マーサ」と呼ばせていただくようになりました。それまでは石村さんのご著書や雑誌などで紹介されている、植物たちに寄り添うような素敵な暮らしぶりを拝見し憧れていました。実際に親しくさせていただくようになり本当に驚いたのが、私の知っている誰よりも日々お忙しくされているということ。それなのに、いつお会いしても周りの人やものを気遣い、そして植物と触れ合う時間をとても大切にしていらっしゃいます。そして、「今度はこんなことがしたい、あんなことも楽しそう!!」と少女のようにいつも夢を語ってくださるのです。今年で奈良に「くるみの木」をはじめられて33年だそうです。(すごい!)まだまだこれからも明日へと向かうマーサのお話しが楽しみでなりません。・一田さんのこと一田憲子さんは私がまだ花の仕事をはじめたばかりの頃、あるギャラリーでお店番としてお手伝いをしていたところ、「あなた、何をしている人?」と話しかけてくださったのが出会いのきっかけです。自宅に取材に来てくださり、初めて私を雑誌で紹介して下ったのも一田さんです。それから、プライベートでもご飯を一緒に食べに出かけたり、悩み事の相談にのっていただいたりと本当にお世話になりっぱなしなのです。そして、あまり人に見せないヘタレの平井かずみをご存じの数少ない方でもあります。笑いつも人の話しを聞くときに、ガハハ〜と笑いながら「それで、それでー」と楽しそうに聞いてくださるので、ついつい余計なことまで喋りたくなってしまうのです。今回のトークでもそんな聞き上手な一田さんにいろいろと引き出してもらえたらいいな。。と期待しています。でも最近はお会いする度に「庭に山アジサイを植えたよ。」とか、植物のお話しをしてくださるようになったのが、密かに私の喜びです。そんなお二人とのトーク。どんな風になるのかは当日までのお楽しみです!!ぜひ、お越しいただけましたら嬉しいです。ご参加、お待ちしています。



満月の夜。月の道を通りました。・早くも湖ロスです。



・来週(7/18)、いよいよ発売予定の新しい本「あなたの暮らしに似合う花」の見本誌が届きました。・まだドキドキしてゆっくりとページがめくれません。・今回の本は今までになく沢山の方々にお力添えいただいて完成しました。・文章は、本当にいつもどんなときも信頼してやまない一田憲子さん。写真は、花たちのもつ本来の輝きを導き出してくれるような有賀傑さん。デザインは、無理なわたしの願いも受け止めてスタイリッシュにしてくれた引田大さん。天然生活編集部の田村久美さんは、わたしの伝えたい想いをいつも理解し、大切に見守りながらこの本を作ってくれました。編集長の古庄修さんにも感謝の言葉もありません。そして、花をしつらえに伺わせていただき取材に協力くださったみなさまのお陰で生まれた1冊だと思います。花の本ですが、皆さんとの繋がりもぜひ、読んでいただきたいです。・ぜひ、お手にとっていただけましたら幸せです。



戻り、本日はikanika花の会。花たちがどんどん夏に向かっています。#ikanika花の会



無事に東京に着きまして、ただいま帰宅中。洞爺での余韻に浸りまくってます。・7.8の「花と菓子の夕べ」では、夜のお花屋さんを。この日は一日がかりで花集めを。洞爺を巡り花摘みをしました。私よりも前から滞在しているキョウコさんが、色々と下見をしてくださっていて本当に可愛い花たちと出会わせてくれました。 @utopiano ・これだけ素晴らしい自然に囲まれた皆さんが、果たしてお花を買いに来てくださるのか、ドキドキしていましたが、そんな私の小さな心配をよそに、用意したすべての花たちをつかってブーケを作らせていただきました。・普段は花屋をしていない私ですが、こんな幸せな時間をいただきありがとうございます。



foodremediesのかこちゃんのお菓子は「イチゴのショートケーキ」。地元の全粒粉を使って生地を焼いたり、朝摘んだイチゴを農家さんから届けてもらったりと、その土地のものを大切にするのが、本当に彼女らしい。・そして、お味はもちろん絶品です。



2017.7.9・平井かずみ×foodremedies「wreath(リース)とお菓子の会‐香るハーブを愉しむ‐」・午前の部は会場をラムヤートさんで。午後の部は中庭の緑の中でさせていただきました。



ハーブのリースづくり・ハーブとはもともとヨーロッパの野草たち。春の芽吹きたてのまだ背丈が低い可愛らしい感じとは違い、夏のハーブは元気にもりもり育っていて力強い。 同じハーブリースといっても、ぜんぜん違う雰囲気になるのです。・自分が今、いつの季節を生きているのか。大切にしたいこと。



今朝のプラントハンター



おはよう



toitaでは、濱田久美子さんの切り絵が展示されています。本物かと見紛うほど繊細で美しい数々の植物たち。本当に素敵です。・中庭では、WELTさんの「沈む香りの実験室 – 草花の香油をつくる -」、午後の部が始まりました。・giving flower, summer lake優しい草花、夏の湖toita(トイタ)〠049-5802北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町85-2



「花と菓子の夕べ」・かこちゃんちゃんの優しい笑顔を一緒にお待ちしています。・本日18時より・toita(トイタ)〠049-5802北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町85-2