〝季節の香り、花の愉しみ〟お届けします

om0039

今、何かできることはないか?
そんな問いかけを自分自身にしてみました。

自然を感じること、植物に触れること、
今を大切に過ごせることを願って…

〝季節の香り、花の愉しみ〟お手元にお花をお届けします。
まずは、高知のまるふく農園さんと協力してハーブの束をご用意させていただくことにしました。

一つひとつのハーブの手触りを感じながら、
どんどん香りが広がって心ほぐれる時間となりますように。

om0022

「季節の香り、花の愉しみ」
¥5,000(送料別)
20名様(先着順にお受けします)
sold out
次回は4/11土曜発送を予定しております。
ご用意できましたらまたお知らせいたします。

来週は加えて、那須から届く季節の花たちもご用意する予定です。

ご注文いただいた方に、ハーブのしつらえ方の動画をご覧いただけるよう準備しております。到着までに動画のURLをお送りいたします。

<お届け日>
4/5(日)着(4/4(土)発送のため一部地域は翌6日着となります。)
*送料はこちらから、お住まいの地域をご確認ください。
クロネコヤマトhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/estimate/kanto.html
100サイズ 発送元:東京
*お時間指定のご希望も承りますが、ご希望に添えない場合がございますこと、ご了承ください。

<お申し込み期間>
4/5(日)着分締切 → 4/2(木)17:00迄

<お申し込み方法>
以下をお書き添えの上、Eメールにてお申し込みください。
lesson@ikanika.com
件名:「季節の香り、花の愉しみ」
・お名前
・お電話番号
・ご住所
・ご希望の配達時間(ご希望に添えない場合もございます)

*お申し込み後、こちらからお振込の詳細などを記載した受付完了メールをお送りいたします。
4/2までにメールが届かないがない場合は恐れ入りますが、再度メールにてお問い合わせくださいませ。
lesson@ikanika.comよりメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。

掲載誌のお知らせ

<WEB連載>
・朝日新聞デジタル「&W」
世界を飛びまわる写真家・在本彌生さんとご一緒させていただいている「平井かずみ×在本彌生 世界の花めぐり」の連載では、
「ものづくり」に携わる、心ひかれる方々に会いにいき、あの国のあの花のこと、それにまつわる習慣や文化のお話を伺います。
世界中の花との愉しみをふだんの暮らしに取り入れることができるよう、そのエッセンスをお伝え出来たらと思います。

今月はタイのチェンマイにいらっしゃるeavamの大橋二郎さんに会いにいきました。
3年前、eavamが日本でデビューした展示会に伺った際、ジャスミンオリーブバーム「nongharn 03」を手にとった時の、その香りに受けた感動をお伝えしたのがご縁の始まりです。

こちらから是非ご覧ください
https://www.asahi.com/and_w/seriese/hanameguri/
@andw_asahi

<雑誌連載>
・クロワッサン(マガジンハウス)
「花に、託して。」毎月10日・25日発売 目次ページ

・LEE(集英社)3月号
平井かずみが訪ねる 私たちがここに暮らす理由(P164)
第5回【西オーストラリア パース】
パースでワインコンサルタントとして活動する本輝咲さんを訪ねました。

・大人のおしゃれ手帖(宝島社)2月号 <隔月連載>
平井かずみ 人と花~黒田 泰蔵さん~(p102)
毎回大人世代として、これからを見据え、何をどう伝え、つなげていくか。
花とともにさまざまな人を訪ね、お話を伺っています。
今回は、陶芸家の黒田泰蔵さん。陶芸家としての歩みを始めてから40年以上。その歩みと、これからのことを伺いました。
花の仕事を始めた頃、惹かれるようになったのが白磁の器でした。それは韓国白磁だったのですが、どんな植物の花の色も受け入れる白さと、用の美に惹かれたのを覚えています。でもその頃から黒田さんの白磁はまた違った特別な存在でした。
(こちらバックナンバーになりますが、是非ご覧ください。)