2月花しつらい教室/Style-Hug Gallery(2/11)

81344266_1072819856391906_1239723492804050871_n
スタイルハグ2月
季節ごとにStyle-Hug Galleryにて開催している花しつらい教室。
Style-Hug Galleryの尾関さんが、この会のための花器となる器を作家さんに製作依頼され、出来上がったその器に花をしつらえる、器と花活けのお教室です。
2月は瀬川辰馬さんの白い花器に季節の草花をしつらえます。
お食事は今回も夕顔さんの季節のお野菜を存分に楽しむお弁当ですよ。

器とお花を持ち帰り、ご自宅でもすぐに楽しんでいただけるWSです。
ご参加お待ちいたしております。

日時:
2月11日(祝)10:00〜13:00 キャンセル待ち受付中
2月11日(祝)13:30〜16:30 キャンセル待ち受付中

場所:Style-Hug Gallery
渋谷区代々木4-28-7

参加費:16,000円(お花代含、器代、お弁当甘味付き)
持ち物:花鋏(貸出もございます)、ふきん、花をお持帰り用の袋、筆記用具

<お申込方法>
以下のStyle-Hug Gallery HPより、本日1月22日12時よりご予約開始致しております。
http://www.style-hug.com/xo_event/2月花しつらい教室2020-2-11/

<キャンセルポリシー>
開催日の8日前からキャンセル料全額が発生します。

春を愉しむスワッグづくり(2/1.2)福岡

jingoro2

jingoro

今年は暖冬で冬らしさを感じないまま1月も半ばに差し掛かり、早、立春を迎えようとしています。

立春は、新年を迎える時とはまたちょっと違う新たな気持ちを感じさせてくれますよね。そんな心も新たな1日に彩りをくわえてくれるイベントが福岡のjingoroにて開催されます。

「春をはこぶ」平澤まりこ 版画展(2/1-2/24)によせて
私はスワッグづくりのワークショップをさせていただきます。

——————————————–

「春を愉しむスワッグづくり」

「植物を束ねる。」そのことに思いを馳せるとき、なんだか祈りに似た気持ちが常に側にあります。
年が明けてひと月、まもなく立春を迎える頃。一年のはじまり、春を待つ慶びとともに、植物を選び束ねる時間をご一緒いたしましょう。植物と向き合う時間を通して、ご自身とゆっくり向き合う時間となりますように。
ご参加、お待ちしています。

日時
2月1日(土)14:00 − 16:00
2月2日(日)11:00 − 13:00

場所 jingoro
福岡県うきは市吉井町鷹取1557−3

会費 9300円(花材、おやつと飲みもの付)
祈祝花を束ねた後には、皆さんでお話しながらおやつをいただきましょう。

<お申し込み方法>
jingoroさんまで、メールまたはお電話にてお申し込みください。
morinonaka@cyber.ocn.ne.jp
090 6893 6040(アケタ)

——————————————–

1日と2日には平澤まりこさんもイベントをされます。
山口和宏さんが作られた木のうつわやボード、数点の中からお選びいただいたものに、焼きごてでのドローイングのイベントを行います。

詳細は以下をご覧くださいませ。
http://jingoro.jp/2020/01/16/6181/

〈 春をはこぶ 〉 平澤まりこ 版画展
2020年2月1日(土)−2月24日(月)
毎週金曜–月曜 11:00−17:00

「花のしつらい、暮らしの景色」新装復刊記念イベント(1/13)森岡書店

B2E8BCEA-0BDC-4F88-A36A-C157389B7A2C

「花のしつらい、暮らしの景色」新装復刊記念イベント

この度、花を伝える上で私のバイブルのようになっている書籍「花のしつらい、暮らしの景色」が表紙も新たに、扶桑社より新装復刊いたしました。

復刊を記念して、銀座の森岡書店でイベントを開催いたします。

日時:2020年1月13日(祝月) 12:00-19:00
場所:森岡書店(東京・銀座)
東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階

◇平井生花店
お一人お一人に似合う花をお見立てします

◇器など暮らしにまつわるいいもの市
日々の花生けや撮影などで使ってきた器や雑貨を、みなさんにお譲りする、“いいもの市”をひらきます

◇矢郷桃さんの写真展示販売

「花のしつらい、暮らしの景色」は、雑誌『天然生活』にて2008年~2013年までの間、連載させていただいたものを基に、大切にまとめた一冊です。

本書では季節を「春」「梅雨」「夏」「秋」「冬」の5つに分け、
それぞれの季節の花のしつらいをお伝えしています。
季節のめぐりとともに草花と暮らすことは、小さな喜びにあふれている
と感じていただけたら幸せです。